自身のモニュメントのデザイン発表式に参加した羽生結弦選手=20日午前、仙台市

 冬季五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦選手(24)の活躍をたたえるため、地元の仙台市が設置するモニュメントのデザイン発表式が20日、市内で開かれた。羽生選手本人も参加し「モニュメントとして残るのはすごいこと。フィギュアを始める子どもが1人でも増えたらうれしい」と話した。

 デザインは平昌五輪のフリーでも披露したプログラム「SEIMEI」の冒頭から採用。会場では、羽生選手自らもデザインの横でポーズを披露した。発表式後の記者会見で、現在の夢を問われた羽生選手は「4回転半を公式試合できれいに決められる人になりたい」と話した。