女子の失恋や嫉妬、虚無感を歌詞にぶち込んだ「ふがいない女の魂の叫び」を、ポップながらも骨太なギターロックサウンドに乗せて痛快に歌い上げる新進気鋭の4人組バンド「MOSHIMO」。2018年にボーカル&ギターの岩淵紗貴さんが「覚醒」したのを機に楽曲がより先鋭的になって若者を中心に支持を拡大し、ライブバンドとしても躍進著しい彼らが、グループの転機や今後の目標を語ってくれた。

 ―サヌキロック出演は3回目だ。

 岩淵 初めての方が結構来てくれていましたね。

 一瀬貴之 サヌキロックは毎回熱いですね。モンスターバッシュもあるからか、ロックシーンが根付いてる感じがします。

 ―去年から音楽性が変化した理由は。

 岩淵 去年は自分の中で、やりたいこととやりたくないことをはっきりと分けるようにしたんですよ。私は元々すごくネガティブでマイナス思考で、人の顔色ばっかりうかがって生きてきて、あちこちに良い顔をしようと思って八方美人になっていたんです。

 でも、そういうのは面白くないと思ってやめたのをきっかけに、何か吹っ切れたんです。それで、私にしか歌えないものって何だろうと考えて、ライブバンドとしてやっていきたいなという思いが生まれてから、ライブスタイルが変わったと言われています。

 一瀬 やっぱり岩淵の変化が一番大きかったですね。

 岩淵 メンバーみんなともすごい話し合ったよね。ライブバンドとしてしっかりやっていきたいというのを、イッチー(一瀬さんの愛称)としっかり話して変わりました。

 ―赤裸々な歌詞が共感を呼んでいる。

 岩淵 あまり器用なタイプじゃないんで、素直に書くようにしています。基本的に全て私の実体験です。

 ―歌詞の変化に合わせて演奏も変わった?

 一瀬 そうですね。せっかくバンドをやっているので、バンドのエネルギーを歌詞と相まってライブで伝えられたらいいなという思いは元々あったんです。岩淵の変化をきっかけに歌詞がスパークしたんですけど、演奏もスパークしました。

 岩淵は本来こういうタイプだったと思うんですけど、ライブになるとよそ行きになっていたのを、素が出せるようになって、良かったと思っています。

 ―そうやって完成したアルバム「TODOME」はどんな作品か。

 岩淵 ライブのための一枚にすることを意識しました。これまでファンの方などから「アーティスト写真やミュージックビデオを見てきたけど、ライブの方が良い、全然違う」って言われることがあって、もったいないと思っていました。

 音源にちゃんと自分たちのライブ感を詰め込んだものを作りたいと思っていたので、狙い通りの作品に仕上がったという自信があります。個々の曲で言えば、私のふがいない恋を赤裸々にぶち込んだ一枚になったんじゃないかと思います。

 ―ライブ中の岩淵さんは普段と違う?

 一瀬 普段から同じような感じです。

 岩淵 普段からイエスかノーかははっきりと言うようにはしてるんですが、ライブの時の方がむちゃくちゃ言ってると思います。ライブ中はやっぱり楽しいですし、ライブじゃないと言えない、音楽を通すから言えることがすごくあるから。

 嫉妬してるとかって普段は言えないですもんね。自分のキャパシティーが少ないと思われると嫌だとか、人ってプライドがあるから。それを歌に乗せるから、MCだから言える。ステージでしか言えないことは多いかもしれないですね。

 ―ライブで大切にしていることは。

 岩淵 とにかく自分が楽しむっていうのもあるんですけど、全国を回っていると、それぞれの土地に違う人がいて、そこにしかないものがあって、その場所でしか感じられないことをお客さんと一緒に楽しみたい、追求したいと思っています。

 同じことをずっとやっていても面白くないし、その土地のことをもっと深く知ることができるし。皆さんがMOSIMOに何かしら縁があって、興味を持ってライブに来てくれていると思うから、その瞬間を大事にしたいなと思ってます。

 ―4月で4周年。今後の目標は。

 岩淵 私たちが発信するものを好きだと言ってくれるコアなファンが増えてきているのがすごくうれしいのと同時に、まだまだこんなところで止まっていられないという思いもあります。後ろ向きなことだけじゃなく、前向きな発信をもっとしっかりしていきたいです。

 分かりやすい目標では、武道館ライブにあこがれはありますし、個人的にはMOSIMOにしかできないことを追求し続けたいです。世界観というか、今はガーッと強い感じですけど、弱い自分もいるので、それをうまく融合させて出せるバンドになりたいです。

 ―「猫かぶるのヤメマシタ」ツアーはどんなライブにしたいか。

 岩淵 お客さんには小難しいことを考えずにその瞬間しかないことを楽しんで、日常に戻る時には前向きに頑張ろうと思える力を与えられて、自分自身はみんなに負けないようにもっと頑張ろうと思えるような、お互いに高め合えるライブにしていきたいです。

 ―徳島のファンにメッセージを。

 岩淵 実は人生で初めて県外でライブをしたのが徳島だったんです。前のバンドの「CHEESE CAKE」で活動してた時に誘ってもらって。

 一瀬 徳島で若い子たちが盛り上がるイベントをやるということで。歳の頃、高校を卒業してすぐに夜行バスで行って、めっちゃ楽しかったです。

 岩淵 ライブが終わって徳島ラーメンを食べようとしたら、店が閉まっててめっちゃショックだった記憶があります。今度はMOSIMOとしてライブに行って、徳島ラーメンを食べたいです。徳島の皆さんも応援よろしくお願いします。

■MOSHIMO 4th ALBUM「TODOME」
 発売:3月13日
 収録曲
  1.電光石火ジェラシー
  2.ヤダヤダ
  3.釣った魚にエサやれ
  4.Yankee
  5.いいじゃん
  6.美女と野獣の逆はないよね
  7.浮気をするならバレずにやれよ
  LACD-0297 / ¥2000+税

■MOSHIMO 2019初夏ツアー「猫かぶるのヤメマシタ」
 4月 4日 茨城 水戸LIGHT HOUSE(対バン編)=終了
 4月12日 仙台 darwin(対バン編)=終了
 5月25日 札幌 COLONY
 5月30日 兵庫 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎(対バン編)
 5月31日 広島 Cave-Be
 6月 2日 福岡 DRUM LOGOS
 6月 5日 高松 DIME(対バン編)
 6月 8日 仙台 MACANA
 6月15日 名古屋 ell.FITS ALL
 6月16日 大阪 梅田Shangri-La
 6月18日 岐阜 ants(対バン編)
 6月29日 新潟 GOLDEN PIGS BLACK
 7月19日 東京 マイナビBLITZ赤坂