28日に那賀町西納で行われる八面神社農村舞台公演に、那賀高校の人形浄瑠璃部が5年連続で出演する。地元社会人の丹生谷清流座と同じ「傾城阿波の鳴門順礼歌の段」を演じ、上演対決するという珍しい趣向だ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。