徳島市議選は、強固な組織力や地縁血縁を生かした現職の強さが際立った。反市長派の現職は阿波踊りの混乱や、迷走する新ホール整備などを巡って遠藤市政への批判を展開したが、得票は伸び悩んだ。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。