徳島インディゴソックス時代の増田
 

 わずかな時間だったが、満員の甲子園の観客に印象づけたのではないだろうか。徳島市出身で育成ドラフトから支配下登録を経て、ついに1軍昇格を果たした増田大輝が、初出場を果たし好守を見せた。

 増田は、小松島高校出身で近大を中退。一度は野球から離れていたが、独立リーグの徳島インディゴソックスに入団し、はい上がってきた。遠い道のりだっかもしれないが、「地道」という道を歩み続けた。

 渋野小1年時に野球を始めた増田は、小松島高時代には主将を務め、チームを引っ張った。甲子園出場はならなかったものの、県内では注目された選手だった。

 進学した近大では体育会独特の雰囲気になじめず、先輩らからの圧力を負担に感じ、2年時に中退した。

 その後、古里に戻り、とび職をしていた。野球は草野球を楽しむ程度になり、その姿を見た小松島高野球部時代のコーチや周囲の親しい人から声を掛けられる。「ここでくすぶっていてはもったいない。上を目指せ」

 一念発起し、2013年秋に四国アイランドリーグのトライアウトに挑戦。2次テストを免除される特別合格を果たす。シーズン2年目が終了後、巨人から声が掛かった。

 増田は1年目のシーズンオフに結婚している。2年目は、「この1年間、死に物狂いでやって駄目だったら(野球を)辞める」との覚悟で臨んだ。ドラフトに指名されていなければ、やめていたのかもしれない。
 
 ドラフト指名後には、こう語っている。「徳島に独立リーグ球団があったおかげ。自分を一から鍛え直すことができた」。一度は諦めかけていた夢をつないだのは、徳島インディゴソックスだった。

 JAバンク徳島スタジアムやアグリあなんスタジアムで土にまみれた選手が、東京ドームや甲子園などで活躍する。これこそが独立リーグの醍醐味だろう。

 ただ、多くの選手が夢をつかめず、去っていく。独立リーグは、夢をつかむ場所でもあれば、夢を諦める場所であるかもしれない。今シーズンもまた多くの選手たちが、夢をかけて戦っている。(卓)