板東俘虜収容所(鳴門市)の元ドイツ兵捕虜エドアルド・ライポルトさん(1892~1978年)の親族が22日、市ドイツ館を訪れ、収容所の歴史を学んだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。