スケートボードを体験する児童ら=鳴門市撫養町大桑島のウズ・パーク

 鳴門市撫養町大桑島のボートレース鳴門に整備されたスポーツ公園「UZU PARK(ウズ・パーク)」で鳴門板野青年会議所が初の子どもスケートボード教室を開いた。

 ヘルメットやプロテクターを着用した児童ら25人が、経験者と初心者の2クラスに分かれて体験。阿南スケートボード協会の会員らの指導を受けながら徐々に乗るこつをつかみ、中には斜面やジャンプ台に挑戦する児童もいた。

 初めて体験した増田一憲ちゃん(5)=鳴門聖母幼稚園=は「慣れると怖くなかった。楽しかったのでまたやりたい」と笑顔をみせた。