「実在したとしても、書かれたことが正しいかどうかは次の話だ」との萩生田光一官房副長官の発言は、これからの方向性を示しているようでもある。政権の思惑通りに進んでいくかどうか
 
 「総理の意向」などと記載された文書の存否について、文部科学省が再調査へ重い腰を上げることになった。政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡る疑惑解明が、新たな局面を迎える
 
 やましいことがないのなら調べてみればいい。そんな世論に耳を貸さず、告発した前文科次官への個人攻撃で乗り切ろうとしたのには、少々無理があった。「印象操作」は、うまくいくものではない。首相が常々言っている通りである
 
 文書があったとしても、それがどうしたで済む問題と割り切ったのだろう。一点の曇りもないのなら、ここは徹底した調査をするべきだ。そもそも、学部新設の必然性にさえ疑念は及んでいるのである
 
 「同姓同名の職員はいる」式の、のらりくらりの調査結果となれば、またぞろ内部告発の連発となるのは必至だ。疑惑はかえって深まろう
 
 森を焼き払うには小さな火の粉で十分、と古い格言にはある。とても火の粉とはいえない勢いだが、根も葉もない言いがかりであれば、自然鎮火するに違いない。誠実に、疑問に答えていただきたい。