『週刊少年サンデー』(小学館)21・22合併号の表紙 (C)小学館

 作者・満田拓也氏の体調不良を理由に昨年11月から休載していた野球漫画『MAJOR 2nd』が、22日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)21・22合併号で5ヶ月ぶりに連載が再開された。センターカラーで掲載されている。

【画像】5月にはサンデーで高橋留美子氏の新連載がスタート

 同作は1994年から2010年まで同誌で連載された野球漫画『MAJOR』の続編で、前作の主人公・茂野吾郎の息子である茂野大吾の成長を描いたもの。プロ野球選手の父親・吾郎に憧れて野球を始めた大吾だったが、才能のなさと2世の重圧から一旦は断念。しかし、仲間たちとの出会いを通じてやる気を出していく。

 中学校時代も描かれ、大吾が主将を務める風林中学軟式野球部は、9人ギリギリで始動。初めての大会でリトルリーグ時代のライバル・眉村満塁を擁する大尾中との決勝戦に進むが接戦の末敗退。大吾は次の大会に向けてチームを成長させようと奮闘。今回、同誌では、丹波さんの怪我で部員不足の風林中野球部に救世主は現れるかどうかが描かれる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。