映画『さよならくちびる』完成披露試写会に登場した(左から)門脇麦、小松菜奈 (C)ORICON NewS inc.

 女優の小松菜奈(23)と門脇麦(26)が24日、都内で行われた映画『さよならくちびる』(5月31日公開)完成披露試写会に登場。同作で“ハルレオ”としてギターデュオを組んだ2人はプライベートでも練習を重ね、門脇が「渋谷でギターを背負って街を歩いて、カラオケ屋で練習しました」と明かすと、共演の成田凌(25)も驚きを見せていた。

【動画】秦基博の提供曲への想いを語った小松菜奈&門脇麦

 門脇は「最初は個人で練習していたんですけど、ゴールも見えなかったので、2人で練習しました」と話し、「菜奈ちゃんも孤独感を味わっていることを知って、下手くそだけど音楽は楽しむものなんだなと気づけました」とギターに挑戦したことで感じた喜びを語った。

 小松は「最初に3曲やると伝えられて、できるかなと不安がありました。孤独な時間もあって、淡々と練習していたのでイライラすることもあった」と振り返るも「麦ちゃんと練習したり、合わせる時間は楽しかったし、難しさを共有することができました」と笑顔で語った。

 2人の付き人として劇中でギターを弾いた成田は「2人が楽しく練習しているのは初めて知りました」と驚き。「すごくギターがうまい設定なので、練習しきれない部分もあって、撮影までが怖かった」と振り返り、「僕は1人で練習してましたけど」と仲良く練習した2人をうらやむ様子も見せた。

 本作の主人公は、音楽にまっすぐな思いで活動するレオ(小松)とハル(門脇)のギターデュオ・“ハルレオ”。しかし、付き人のシマ(成田)が参加したことで徐々に関係がこじれていく。全国ツアーの道中、明らかになるハルとレオの秘密、隠していた感情。すれ違う想いをぶつけあって生まれた楽曲「さよならくちびる」が、3人の世界をつき動かしていく。

 この日は、主題歌のプロデュースを担当した秦基博、塩田明彦監督も登壇した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。