※画像は開発中のもの。

 ゲーム・VR制作会社ダズル(東京)と電気設備会社シンセイワークス(徳島市)は4月27日〜5月6日、徳島市のそごう徳島店屋上特設会場で、VRを活用したお化け屋敷「怨念病棟」を期間限定でオープンさせる。

※画像は開発中のもの。

  怨念病棟は、プレイヤーがVRゴーグルを装着して病院内の映像を見ながら会場を自分の足で歩き回り、制限時間内にミッションをクリアして脱出を目指すアトラクション。病院内には様々なホラー演出が待ち構えており、恐怖とスリルが味わえる。同時に2人まで体験できる、

※画像は開発中のもの。

 【ストーリー】
 人里から少し離れた場所にとあるうわさを持つ廃病院があった。そのうわさとは「病院の地下にある遺体安置所には、今でも身元不明の遺体が放置され、その怨念が霊となって病院内をさまよっている」というものだった。
 
 その廃病院へ友人4人と肝試しに来たはずが、1人また1人と消えていき、気がつけば自分を含めて2人だけに。迫り来る恐怖の中、出口を目指して目の前にあったエレベーターに乗り込む2人。果たして無事脱出できるのか!?

※画像は開発中のもの。

■怨念病棟
 開催期間=4月27日(土)〜5月6日(月)
 営業時間=10:00~19:30(最終受付:19:00)
 会場=そごう徳島店 屋上階(10階) 特設会場
 住所=徳島県徳島市寺島本町西1-5
 料金=2人1500円(1人1000円)
 対象=7歳以上