盲導犬メリーの引退式で、ハーネスを渡す平田さん(右)=徳島市沖浜東1の徳島の盲導犬を育てる会事務局

 盲導犬メリーの引退式が24日、徳島市沖浜東1の徳島の盲導犬を育てる会事務局であった。

 メリーはラブラドールレトリバーの雌、8歳。パートナーだった平田壽美子さん(72)=徳島市=が「メリーはやんちゃで周りを明るくしてくれた。ありがとう」とメリーに声を掛けてハーネスを外した。

 県内の盲導犬はメリーとディア(ラブラドルレトリバー、雄、4歳)の2匹。ディアのパートナー鶴野克子さん(54)=徳島市=も引退式に出席した。

 メリーは平田さんの2匹目のパートナーで、約7年間を共に過ごした。

 平田さんは5月8日から大阪府内の訓練所で新しい盲導犬を慣れさせる共同生活に入る。メリーは奈良県の一般家庭に引き取られる。