水のレジャーが本格化するのを前に、四国運輸局は24日、三好市山城町西宇の大歩危峡観光遊覧船の安全を点検した。 運航労務監理官ら5人が遊覧船を立ち入り調査。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。