旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、被害者に一時金320万円を支給する救済法が24日に施行されたのを受け、県は、本人や家族からの一時金支給に関する相談や申請の受け付けを始め…

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。