県は、南海トラフ巨大地震に備えた海陽町の浅川港の機能継続計画(BCP)を策定し、25日公表した。県南部の救助活動や復旧・復興の拠点になることから、輸送機能の維持を中心に据えた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。