マチ★アソビでの催しについて話し合うメンバー=徳島市のポッポ街商店街

 5月4~6日に徳島市で開かれるアニメの祭典「マチ★アソビ」に合わせ、県内の有志が市中心部でダンスショーや動画上映などの催しを開く。インターネット上では一時、マチ★アソビが中止になるのではないかという臆測が流れただけに、「例年以上に活気あるイベントにしたい」と意気込んでいる。

 企画したのは、マチ★アソビの運営に長年関わる商店主やボランティアら15人。コスプレイヤーの多く集まる新町川水際公園とポッポ街商店街を会場に開く。

 水際公園では5日午後1時から、徳島を中心に活動する7人のコスプレユニットがダンスやトークなどを披露。来場者の写真撮影会を盛り上げる。

 ポッポ街商店街では期間中、動画投稿サイトで活動する「バーチャルユーチューバー」の響ゆいと、アニメ・漫画専門店の南海ブックスが共同制作した動画を上映する。響ゆいが1日店長となり、店舗の紹介や自身の商品のPRなどを行う。

 空き店舗では、大手出版社3社と提携して漫画73タイトルの複製原画を展示。玩具メーカーによるミニチュアフードの制作コーナー、フィギュア展示会などもある。

 リーダーの天羽修さん(39)=石井町浦庄=は「マチ★アソビの運営で培った経験を生かし、大勢のファンが思いっきり楽しめるようなイベントにしたい」と話している。