25日、県南海上では前日からのうねりが高く、ほとんどの渡船が休業した。和田島大手海岸では数、型は未確認だがガガネとアブラメが上がっていた。

 [磯]<小神子>25日、波風ともになく、穏やか。チヌは大岩で40センチ前後を2匹。トウフで40~45センチを3匹。

 <福村>25日、水温16・2度。風はなくうねりが高かったが、場所によりチヌの活性が高かった。一番東と胴裏で29~46センチを16匹と23~35・5センチのマダイ8匹。胴で24、37センチと31、39センチのマダイを各2匹。

 <香川・引田>25日、マダイは通念島の西のハナで25~50センチを8匹。鬼門で28~35センチを6匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>25日、風はなく穏やかだった。コーナー周辺でルアーを使い65センチ前後のスズキ2匹と55センチのマゴチ1匹。通称ダンサでもルアーを使い60~70センチのスズキ3匹。フカセ仕掛けの人は35、45センチのチヌ2匹。

 <手倉突堤>25日、日没後の2時間、アジを餌にヤエンを使い0・8キロのアオリイカ1匹。

 <香川・観音寺沖ノ一文字>24日、フカセ仕掛けで32~40センチのチヌ3匹。

 [イカダ]<ウチノ海>25日、赤アミを餌にサビキ仕掛けで2人が、18~23センチのイワシ200匹余りと18~20センチのアジ50匹余り。

 [船釣り]<香川・引田沖>25日、沖アミを餌にフカセ仕掛けでウキ下サオ2~3本を探り30~55センチのマダイ30匹余り。(県釣連盟報道部)