県は26日、5月1日の新天皇即位に伴う新元号移行を協議する会議を県庁で開き、和暦を使っている165の情報システムのうち、国保関係など3システムは改元以降に改修することを確認した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。