鳴門市は、日独友好の史実を伝える板東俘虜収容所の資料のレプリカ作りを進めている。実物の傷みや腐食を防止するのが目的で、ベートーベンの「第九」アジア初演プログラムなど3年間で7種類9点を複製した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。