徳島県内の2018年の労働災害による死者は12人で、過去10年で最多だったことが26日、徳島労働局のまとめで分かった。50歳以上が9人を占め、大半が小規模事業所で起きた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。