平成にヒットした中古レコードの販売コーナー=徳島市のそごう徳島店

 改元に伴う27日からの10連休を前に、徳島県内の大型量販店や百貨店、飲食店などで関連商戦が熱を帯びている。平成最終日までの懐古セール、令和初日からの特典付き商品券発行、連休最終日までのキャンペーンやスタンプラリー。各店舗は祝賀ムードに乗り、顧客獲得に知恵を絞っている。

 そごう徳島店(徳島市)は30日まで、平成にヒットした中古レコードの販売コーナーを開設。1980年代後半から90年代に流行した邦・洋楽やジャズの希少盤など約1万2千枚が並ぶ。5月1日からは、令和を印字したカステラやワイン、ぐい飲みなどを限定販売する。

 ゆめタウン徳島(藍住町)は5月1日、同店と系列店で使える1割の特典付き商品券(1万円、額面1万1千円分)を千セット販売する。25日~5月6日は、3千円以上の買い物をすると抽選で商品券(5千円)が当たるキャンペーンに応募できる。

 イオンスタイル徳島(徳島市)は26日~5月6日、4Kテレビなどの家電や日用品、衣類などのセールを実施。30日と1日には、平成と令和をパッケージに記したドーナツとティッシュペーパーを先着約200人にプレゼントする。担当者は「初売りのようなイメージで、祝賀ムードを盛り上げたい」と期待する。

 飲食店「熱烈一番亭」などを展開するエンドレスイドム(小松島市)は10連休のスタンプラリーを催す。県内9店舗を巡ってスタンプを集めると、数に応じて最大5千円の商品券がもらえる。

 徳島阿波おどり空港(松茂町)では5日に福引がある。空港の飲食店や土産物店で千円使うごとに抽選ができ、旅行券や飛行機の模型などが当たる。

 菓子製造販売のハレルヤ(松茂町)は、令和の出典にちなんだ梅や月を包装袋にあしらった金長まんじゅうなどの詰め合わせと、たい焼き風のまんじゅうを限定販売する。

 このほかの店舗も、あの手この手で誘客を図っている。