昨年10月、パーキンソン病の次男=当時(49)=の首を絞めて殺害したとして、殺人の罪に問われた会社役員の被告(74)=鳴門市大津町木津野=に対する裁判員裁判の判決公判が26日、徳島地裁であった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。