小松島市の住民グループ「金長神社を守る会」が、同市中田町の金長大明神(通称・金長神社)で28日から販売する期間限定の御朱印を作った。今年の正月三が日に続く第2弾。収益は神社の保存活動に充てる。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。