[磯]<大島>26日、水温は16・7度で波が高かった。本場回りの沖ソエは底物仕掛けで60・5センチ(4・2キロ)のイシダイ1匹。

 <中林>26日、出船時は波風ともに穏やかだったが、10時ごろから北寄りの風が少し吹いた。チヌは、エンバエ東で38~42センチを3匹と23~25センチのメバル3匹。中ス胴で美馬市の花岡明さんが43~45センチを3匹。地ス西ベリでは藍住町の森下昇さんが42、43センチを2匹と45センチのヒラメ1匹。

 <福村>26日、水温は16・3度。出船時は波、風ともになく穏やかだったが、10時半ごろから北東の風が強く吹き、磯替わりもあった。チヌは一番東からナガハエ胴に磯替わりした人が31~44センチを11匹と33センチのアブラメ1匹。二番船付から高飛に替わった人は36~45・5センチを5匹。大東で33センチを1匹。モタレで26~44・5センチを3匹。

 <高知・甲浦>26日、晴れで波が高く、水温16・7~17・6度。エボシは赤貝を餌に底物仕掛けで51センチのイシダイ1匹。ビシャゴ西はアオリイカ狙いの人が2・3キロを1匹。

 [波止]<那佐湾>25日、11時から約4時間半、沖アミを餌にフカセ釣りでウキ下サオ1本前後を狙い38、44センチのチヌ2匹と24センチのガガネ2匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>26日、1号で沖アミを餌にフカセ釣りをした人が57センチのチヌ1匹。

 [ルアー]<新町川>26日、河口部で日没前の約2時間、7グラムのメタルジグとストレートワームのジグヘッドリグを使い18~26センチのメバル4匹と37センチのセイゴ1匹。

 <吉野川>26日、吉野川大橋下流部で15時から約3時間、ラバージグタイプのルアーで底付近を狙い35、42センチのチヌ2匹。(県釣連盟報道部)