再生可能エネルギー事業などを手掛ける東証1部上場の日本アジアグループ(JAG、本社東京)が、東みよし町で2018年度中に着工する予定だった木質バイオマス発電所の建設が遅れている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。