鳴門市が新庁舎整備に伴い解体する計画の市役所本庁舎など、建築家の増田友也(1914~81年)が設計した市内の公共施設の活用策を考える会が27日、市民会館で開かれた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。