徳島中央署は27日、過失運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、鳴門市撫養町小桑島の店員(32)を逮捕した。調べに対し、「記憶にない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、27日午前3時50分ごろ、徳島市西大工町2の市道交差点で、水道工事に伴う交通規制区域内に乗用車で進入。交通整理をしていた吉野川市の女性(48)を転倒させて左足に1週間のけがを負わせ、逃走したとしている。

 署によると、車のナンバーなどを目撃者が覚えていた。署が事故原因を調べている。