28日、県内は前日のうねりが残った。北西の風も強く、出船を見合わせた渡船業者もあった。また出船した所も強風で釣りづらかった。

 [渓流]<那賀川>27日、風が強く、肌寒かった。北川の支流で7時から5時間ほど川虫を餌に釣り歩いた人が20~26センチのアメゴ15匹。魚体はよく肥えていた。

 [磯]<福村>27日、出船時は前日のうねりが残り北西の風が強く、淡島回りの一番、二番には上がれなかった。昼ごろから北の風に変わりさらに強かった。うねりは収まったものの風裏でも舞い込みがあり釣りづらかった。水温15・8度。中津回りの黒岩胴で38センチのチヌ1匹。

 <兵庫・沼島>26日、上勝町の人が一番回りの磯で40センチ前後を主体に33~48センチのチヌ35匹余り。持参したクーラーに入りきらず大半を再放流した。同行の人は2番回りのハエに上がり同型を9匹。カンダイのアタリが多かった。

 [イカダ]<ウチノ海>26日、ヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のマイワシ200匹と同型のアジ30匹。別のサオでウキ釣りで25~35センチのサヨリ30匹。専門に狙った人は同型を200匹。近くでも150匹。沖アミを餌にフカセ釣りでチャリコ、アジ、サバを数匹。

 [波止]<鳴門>26日、北寄りの風が強く釣りづらかった。スカイライン下の波止で消波ブロックからサオを出したTEAM磯FINALISTの泉智彰さんがチヌ狙いの細い仕掛けでウキ下2~3ヒロを探り、80センチの大型マダイを1匹仕留めた。風がさらに強くなり仕掛けが遠投できなくなったので早々と引き上げた。

 <那佐湾>25日、午後からサオを出し、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・8キロのアオリイカ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>26日、うねりがあった。乗合船で出掛けた人らが100~120号のオモリを付けたテンビン仕掛けで30~45センチのアジ10~15匹と32~35センチのイサギ1~3匹、48センチのイシダイ1匹、ウマヅラハゲ、チダイを数匹。本ハゲ狙いで出船した船はうねりがあり、アタリが取りづらい中で27センチまでが釣れた。サオ頭が11匹。各自5~10匹。(県釣連盟報道部)