猫と触れ合う子どもたち=神山町阿野の県動物愛護管理センター

 神山町阿野の県動物愛護管理センターで29日、「動物ふれあいフェスタ」があり、家族連れらが動物との関わりについて理解を深めた。

 ふれあい教室では、子どもたちがセンターで飼育している子犬や子猫を抱えたり頭をなでたりした。入田小1年の細川和也君(7)は「触るとふわふわしていてかわいかった」と話した。

 日本動物福祉協会の山口千津子顧問(69)による「動物福祉ってなに?」と題した講演もあり、「動物と共に幸せに暮らせる社会について考えてほしい」と呼び掛けた。