「みどりの式典」のレセプションに出席された天皇、皇后両陛下=26日、東京・永田町の憲政記念館
東京・有楽町駅前の大型モニターに映し出された「令和おめでとう 平成ありがとう」の文字=29日午後
東京・上野のアメ横商店街に掲げられた「奉祝 令和」の横断幕=29日午後

 天皇陛下は30日限りで、陛下一代限りの退位を認める皇室典範特例法に基づき、皇位を退かれる。現憲法下で初めて即位した陛下は、皇后さまと共に憲法に規定された「国と国民統合の象徴」のあるべき姿を追求してきた。退位後は全ての公的な活動から身を引き、上皇となる。5月1日午前0時に皇太子さまが即位し、戦後生まれの初めての天皇が誕生する。30年余り続いた「平成」が終わり「令和」に改元される。

 これに先立ち、30日夕から皇居・宮殿で代替わりの重要儀式「退位礼正殿の儀」に臨み、最後の「お言葉」を述べる。天皇の退位は江戸時代の光格天皇以来202年ぶりで憲政史上初。