巣穴を走り回るミーアキャットに見入る子ども=徳島市のとくしま動物園北島建設の森

 徳島市のとくしま動物園北島建設の森に完成したミーアキャット舎が29日、一般公開され、家族連れらでにぎわった。

 壁の一部がガラス張りになっており、地中に作られた巣穴(長さ約3メートル)が観察できる。子どもらはガラスに顔を近づけ、目の前をせわしなく動き回ったり、じゃれ合ったりする様子を見て歓声を上げた。徳島市の大原認定こども園の中岡明子ちゃん(4)は「元気よく走っていてかわいかった」と喜んだ。

 完成披露式典では、遠藤彰良市長らがくす玉を割って祝った。

 施設は鉄筋コンクリート平屋約40平方メートル。建設費約2500万円のうち330万円を、インターネットで寄付を募るクラウドファンディングで賄った。