[磯]<小神子>30日、波風ともに穏やか。良型の乗っ込みチヌの食いが活発。松で40~45センチを8匹。大岩では43センチ前後を2匹。

 <宍喰>29日、風はあまりなく次第に波が高くなったが、14時までサオを出すことができた。水温16・3度。前磯側の南ワレで徳島市の走川さんがイガイを餌に底物仕掛けで55センチのイシダイ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>30日、波風ともにあまりなかったが、小雨が降ったりやんだりした。中央周辺で沖アミを餌に43センチのチヌと31センチのカレイを各1匹。別のヤカタでも沖アミを餌に43センチのチヌ1匹。

 [波止]<東沖洲>30日、新町川河口左岸ではサビキ仕掛けで17センチ前後のイワシの食いが活発。5時すぎから3時間で12リットルのクーラーほぼ満杯。別の人もよく似た釣果。12時すぎからも10人余りが同様の釣果。ハリ外れが多いので7号のサビキを使う方が良い。

 <小松島港北防>30日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで40センチ前後のチヌ3匹と38センチのキビレ2匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>30日、風はほとんどなかったがうねりが高く、瀬戸内側だけしか釣りにならなかった。水温14・5度。乗合船で出掛けた人がタイラバージグで30~57センチのマダイ4匹と35センチのキジハタ1匹。別の人は30センチ前後のマダイ4匹。

 [投げ釣り]<香川・横内海岸>28日、ある投げ釣りクラブの大会に21人が参加した。キス10匹までの重量で競い、10人に釣果があった。優勝が231グラム(7匹)、2位が127グラム(4匹)、3位が111グラム(2匹)。

 <北の脇海岸>28日、7時半から3時間余り中央周辺から南へ移動しながらイシゴカイを餌に10本バリ仕掛けで釣り歩いた阿南市の人は8~21センチのキス26匹。ポイントは25~50メートル。中央周辺には6人ほど釣り人がいたが同型を20匹前後。(県釣連盟報道部)