フォークソングを披露する出演者=美馬市脇町東大谷の「美村が丘」

 県内外のアマチュアミュージシャンが出演する音楽ライブイベント「フォークジャンボリーin美村が丘」が1日、美馬市脇町東大谷の交流促進宿泊施設「美村が丘」であり、県内外から約300人が訪れた。

 徳島、香川、愛媛、兵庫の4県から計12組が出演し、1970~80年代のフォークソングを中心に演奏した。吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」、斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」などが披露され、来場者はリズムを取ったり一緒に口ずさんだりした。

 夫婦で来ていた香川県東かがわ市の建築デザイナー間川孝子さん(61)は「若い人も出演して懐かしい曲を歌っているのを見ると元気になる」と話した。

 ライブは施設の利用促進やアマチュアミュージシャンの交流などを目的に、2014年から毎年開いている。