船窓から珊瑚の群生や熱帯魚が見える海中観光船「ブルーマリン」

 サンゴや熱帯魚に彩られた海陽町宍喰浦沖を周遊する海中観光船ブルーマリン号の小学生乗船料が、「こどもの日」の5日に限り、半額になる。船を運航する町海洋自然博物館マリンジャムが3年前から始めているサービスで、家族連れ客の利用を促す。

 観光船は、国定公園に指定されている竹ケ島海域公園を約40分かけて周遊。船底のガラス窓からソラスズメダイやクマノミなどの熱帯魚のほか、エダミドリイシサンゴなどを楽しめる。

 通常の乗船料は大人2千円、小学生千円、小学生未満無料。5日は、大人は通常料金。午前9時~午後4時まで1時間ごとに運航している。

 連休期間中の3~6日は、マリンジャムの敷地内にあるプールで魚の餌やり体験もできる。