出産や育児に希望が持てる社会の実現を目指した次世代育成支援イベント「おぎゃっと21」(はぐくみ徳島実行委員会、徳島新聞社主催)が3、4の両日、徳島市のアスティとくしまで開かれる。今年は人気子ども服ブランドのファッションショーを初めて企画。工作などの体験ブースも拡充した。

 テーマは「心とからだ、より豊かに、より健やかに」。ブランド「ヒステリックミニ」の服を着た子どものファッションショーを両日開き、公募で選んだ3~9歳の約30人がステージを彩る。

 「おぎゃっと工房」では、子どもの名前入りキーホルダーや、手形足形を使った工作が体験できる。

 県医師会や県栄養士会などが設けるブースでは、離乳食に関するアドバイスが受けられ、男性向けの妊婦体験もある。新元号にちなみ「令」「和」の字が入った名前の子どもにミニタオルなどの記念品を贈る。

 入場無料。両日とも午前10時~午後3時。

 パンフレットなどはこちらから → https://www.topics.or.jp/articles/-/36932