徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは、51歳で出家する前の7年間、作家の故井上光晴さんと不倫関係にあった。そのことを知らずに育った井上家の長女も作家となる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。