公明党の石田祝稔政調会長が2日、徳島駅前で街頭演説し、憲法改正手続きを定める国民投票法改正案について「(協議の舞台となる国会の)憲法審査会の議論がスムーズに進んでいるとは思えない」との認識を示した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。