谷口さんが車にはねられた現場を調べる鳴門署員=3日午後9時15分ごろ、鳴門市撫養町南浜

 3日午後8時25分ごろ、鳴門市撫養町南浜の国道を歩いて横断していた近くの谷口綾子さん(88)が軽乗用車2台に立て続けにはねられた。谷口さんは徳島市内の病院に運ばれたが、約1時間10分後に出血性ショックなどで死亡した。県警交通指導課と鳴門署は4日、車を運転していた男2人を自動車運転処罰法違反(過失致死)などの疑いで逮捕した。

 署によると、現場は交差点の近く。北行きが右折専用車線を含む2車線で、南行きが1車線の直線道路。横断歩道はない。

 谷口さんは東から西に渡っており、北に向かっていた鳴門市内の会社員の男(36)の車の右前部に当たった。右折専用車線に倒れたところ、後続の同市内の会社員の男(47)の車にひかれたとみられる。

 1台目の車の男は現場から110番した。後続の車は逃走。運転していた男が約25分後に現場に戻ってきたという。

 署が詳しい原因を調べている。