大勢の家族連れでにぎわった「おぎゃっと21」=アスティとくしま

 出産や育児に夢の持てる社会の実現を目指す次世代育成支援イベント「おぎゃっと21」(はぐくみ徳島実行委員会、徳島新聞社主催)が3日、徳島市のアスティとくしまで始まり、親子連れら約5千人でにぎわった。4日まで。

 オープニングセレモニーでは、学生ボランティア「はぐくみメイト」代表の喜馬奈緒さん(21)=鳴門教育大3年=ら6人がボランティアの目印となる赤いバンダナを首に巻き、「いっぱい遊んでいっぱい笑おう」と開幕を宣言した。

 会場にはさまざまな遊びのコーナーが設けられ、積み木などのおもちゃを楽しむ子どもの歓声が響いた。ステージ上ではファッションショーやコンサートといった多彩な催しが繰り広げられた。育児や栄養相談のコーナーも人気を集めた。

 最終日も午前10時から午後3時まで開かれる。入場無料。