収穫が始まったハウスミカン=阿南市山口町

 ハウスミカンの今シーズンの収穫が5日、県内主要産地の阿南市で始まった。贈答用などとして関西方面を中心に出荷される。

 同市山口町前山田の鎌田宏子さん(71)方のビニールハウス約10アールでは、早朝から家族や友人計5人が、鮮やかに色付いた実をはさみで摘み取った。鎌田さんは「今年もいい味になった」と話した。

 JAアグリあなんによると、市内では桑野、加茂両地区の28戸が約4・5ヘクタールで栽培。8月中旬までに前年並みの218トンの収穫を見込んでいる。