一日駅長を務め、出発の合図を送る花江さん(中央)と鬼頭さん(右)=徳島駅

 徳島市中心部で開かれているアニメやゲームの複合型イベント「マチ★アソビvol.22」(アニメまつり実行委員会など主催)は2日目の5日、人気声優の一日駅長イベントや対戦ゲームがあり、県内外のアニメファンでにぎわった。

 徳島駅ではテレビアニメ「鬼滅の刃」の声優、花江夏樹さんと鬼頭明里さんが一日駅長を務めた。記念切符販売などを構内アナウンスし、高松行きの特急列車うずしお8号に出発の合図を送った。

 花江さんのファンで午前5時から先着100枚の整理券を得ようと並んだ板野高1年植松美空さん(15)は「初めて生で声を聞いた。かわいかった。早くから並んだかいがあった」と笑顔だった。

 対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」ステージでは、プロゲーマーチームCYCLOPS(サイクロプス)所属のプロ2人が一般来場者と格闘ゲーム「鉄拳7」で対決。徳島市出身の女性プロたぬかなさん(26)が多彩な技で会場を沸かせた。

 たぬかなさんに唯一勝利した藍住町の藍住南小3年正治睦隼君(9)は「勝てると思っていなかったのでうれしい。もっとかっこよく技を決められるようになりたい」と話した。

 最終日の6日は「コスプレレッドカーペット」、アーティスト藍井エイルさんのトークショーなどがある。