第72回春季四国地区高校野球大会は明徳義塾(高知)の11度目の優勝で幕を閉じた。徳島県1位の富岡西は、県勢として5年ぶりの決勝進出を果たし、機動力を駆使した粘り強い試合運びが光った。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。