即興作品「令和の森」に見入る来場者=美馬市脇町のうだつの町並み

 岐阜県出身で美馬市に移住している芸術家杉山渉さん(33)=穴吹町口山=が、脇町のうだつの町並みにある吉田家住宅で開かれている自身の作品展「ART元年展」で、改元を記念した即興作品「令和の森」を制作した。12日まで。

 約50本の流木を組み合わせた作品は高さ3・5メートル、幅2・5メートル。「いのちのめぐり」をテーマに、植物を絡ませた流木が一つの命として再生される様子を表現した。

 杉山さんは「歴史ある建物に現代アートを組み合わせ、非日常の空間を演出した。アートの遊び心で新時代が明るくなれば」と語った。