[磯]<中林>7日、強い北東の風で、波も高く釣りづらかった。ワラベ石トウフで阿南市の谷友二さんが35~43センチのチヌ5匹と20センチ前後のグレ10匹。

 <大島>7日、強い北東の風で風波が少々あった。下り潮で水温18・4度。グレはピストルで25~33センチを9匹。沖冨士で28~34センチを12匹。屋形では2人が30~36センチを6匹。

 <津島>7日、北寄りの強い風で風波が少々あった。下り潮で水温17・3~17・7度。グレは、1番で28~42センチを8匹。クレ石東で40センチを1匹。船付で34センチと43センチのイシダイを各1匹。ワレスベリで徳島市の人が27~43センチを10匹。

 [イカダ]<ウチノ海>7日、北寄りの風が強く、アタリが分かりづらい1日。風裏になるヤカタで沖アミを餌に42センチのチヌと22センチのキビレを各1匹。28、29センチのカレイと25、33センチのマダイを各2匹。

 <高知・甲浦>7日、北東の強い風が東に変わり、水温17・6~18・3度。1号で28~33センチのグレ3匹。

 [波止]<東沖洲>7日、5センチ前後のマメアジが回遊し始めた。日の出すぎから7時までサビキ仕掛けで約100匹と10センチ前後のイワシ50匹。アジは日によって食う場所に違いがある。

 [船釣り]<鳴門海峡>6日、好調のタイラバージグでマダイを狙う船が多かった。瀬戸内側へ仕立船で出掛けた5人は35~40センチを9匹。

 <伊島沖>6日、乗合船で3人がアジを餌に90~103センチのブリ4匹と72センチのメジロ1匹、30センチ前後のマトウダイ3匹。(県釣連盟報道部)