「野球のまち」を掲げる阿南市は、市内で行われる試合の記録やアナウンスを担当するボランティア「放送記録員」の養成講習会を12日に開く。

 対象は高校生以上の男女。午前10時から桑野町のJAアグリあなんスタジアムで、長年放送記録員を務める徳島インディゴソックス(IS)マネジャーの米本元子さん(40)の講習や、甲子園球場でウグイス嬢をしていた神戸市在住の姫野和美さん(57)による発声指導などがある。

 午後は、野球の試合を見ながら、スコアブックの書き方や電光掲示板の操作方法などを学ぶ。

 放送記録員として市に登録すれば、試合日程などが郵送され、希望日を記入して返送すると、市から協力依頼の連絡が入る。受講は無料。問い合わせは野球のまち推進課<電0884(22)1297>。