海水浴シーズンを前に、徳島県と阿南市が8日、市内の北の脇、淡島両海岸で水質調査を行い、透明度などに問題がないことを確認した。 県と市の職員4人が、両海岸の沖合約50メートルの各2カ所で調べた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。