南座での新作歌舞伎「NARUTO」の公演を前に意気込みを語る坂東さん=大阪市の大阪松竹座

 人気の忍者アニメを題材にした新作歌舞伎「NARUTO―ナルト―」が、6月2日から京都市の南座で開かれる。主役を務める歌舞伎俳優の坂東巳之助さんが8日、大阪市の大阪松竹座で記者会見してPRした。6月22日にエアトラベル徳島(徳島市)が観劇ツアーを催す。

 原作はアニメにもなった大人気漫画で、落ちこぼれ忍者のうずまきナルトが忍術修行や敵との戦いに挑む物語。新作歌舞伎では、コミック全72巻から抜粋してストーリーを再構築する。見得やツケなど歌舞伎独特の演出に、和楽器とロックを融合した楽曲を取り入れる。坂東さんは会見で「これをきっかけに若い人たちが古典の舞台に足を運んでほしい」と語った。

 ツアーは徳島駅発着のバス(経由地あり)で南座を訪れ、1等席で観劇する。日帰りで昼食の弁当が付き、1人2万6800円。定員先着45人。問い合わせは専用ダイヤル<電088(625)0220>。