医師が出す処方箋を商品名ではなく成分名で表記する「一般名処方」に変更することで、患者が薬局でジェネリック医薬品(後発薬)を選ぶケースが約1割増えたことが、徳島県立3病院で2018年7~10月に実施し…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。