子どもはよく熱を出すものです。発熱の原因は様々ですが、最も多いのはウィルス感染症による発熱です。この熱は経過を見るだけで自然に下がる場合が多いのですが、中に重篤な疾患が隠れていることがあります。

 特に新生児や生後3か月未満の子どもの発熱には注意が要ります。中に重症の細菌感染症が隠れていることがあるからです。菌血症や髄膜炎、尿路感染症などは早期に診断して治療が必要な疾患ですから必要な検査を進め、すみやかな治療につなげます。

 生後3か月以上の乳児や幼児の発熱では少し余裕を持って観察することができます。全身状態を素早く判断して、発熱以外の症状がないか、発病からの時間や持続期間はどのくらいか、これまでに罹った病気や体質を確認し、家族や周囲に同じ症状の病気がないか、集団生活の有無や感染症の流行状況などを確認します。特に季節性のウィルス感染症、インフルエンザ、RSウィルス、溶連菌などの流行状況を把握しておくことは大切です。

 また発熱の原因疾患の中に感染症以外の疾患があることにも注意が必要です。川崎病や白血病、膠原病、甲状腺機能亢進症なども発熱の原因として考えておく必要があります。

 一般に発熱の程度と疾患の重症度は一致しません。熱が高いから病気が重いと云うことはありません。また40℃位の熱で脳に障害を起こすことはありません。機嫌や食欲、睡眠状態、呼吸状態や皮膚色などから全身状態を判断し、さらに詳しい検査や治療を急ぐ必要があるかどうかの判断を行います。全身状態が悪い時には解熱剤の使用だけでなく十分な管理のもとに精査を進めます。