徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96)がデビュー前に書いていた少女小説を紹介する特別展「寂聴の少女小説~三谷晴美と憧れの挿絵画家たち」が、徳島市の県立文学書道館で開かれている。26日まで。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。